建築工事請負契約前の最終チェック
建築工事請負契約前の最終チェック
<アパート・マンション建築工事請負契約前の最終チェック>
Q1

建築予定地の市区町村は人口が増加または横ばいである

 

Q2

建築予定地の最寄り駅の一日乗降車数を把握している

 

Q3

建築予定地周辺のアパート・マンションの賃料相場を把握している

 

Q4

建築予定地周辺の新築賃貸物件は、90%以上稼動している

 

Q5

築10年以上経過した周辺賃貸物件の賃料相場と建設計画中の想定募集賃料の差は、15%未満である

 

Q6

建設業者が提案するシミュレーションの収入は、毎年下落する前提で設計されている

 

Q7

建設業者が提案する建築シミュレーションの修繕等の支出は、毎年増える前提で設計されている

Q8

諸経費を含めた建築費全額に対する自己資金比率は30%以上である

 

Q9

借入れで建築する場合、元金返済後の税引き後の手残り予想金額を把握している

または、借入れを行わない

 

Q10

借入れを行う際に元金均等返済が及ぼす税務上のデメリットを認識している。
または借入れを行わない

 

Q11

借入れを行う際に建築物件だけに担保設定を行い、他の共同担保設定はない。
または借入れを行わない

 

Q12

建築を行った際の減価償却の仕組みと税金に及ぼす効果を理解している

 

Q13

建設計画中のアパート・マンションが完成後の相続税の引下げ効果を把握している

 

Q14

家賃空室保証システム等を利用する場合、保証除外となる免責条項を把握している

 

Q15

建築業者を選定する前に、相見積もりを取って工事金額を比較した

 


 

※この最終チェックはアパート・マンション等の居住用賃貸物件の建築を計画されている方へのサービスとなります。戸建て住宅や別荘等の建築を計画されている場合には、ご利用いただけません。また、このサービスは一般的なアパート・マンション建築計画に際し、最低限の確認要素を掲載しているだけで、お客様の契約行為の安全性を何ら保証するものではありません。

ページの上部へ